呼ばれている招かれている、人生をリードするセルフコーチング


前にも後ろにも進まない停滞している時




大阪で「30代からのライフキャリアデザイン」の講座を開講中です。
転職アドバイスをしていて、人生やキャリアの相談を受けますが、
よくある質問で、今何か変えないといけないとわかっているが、何をどうしたらいいのかわからない。
という相談はとても多いです。
人生の転機が来ている30代40代の女性は、私はどうしたいのかという自分軸がないと、
焦っているがどこにも進んでなくて、ずっと同じところを繰り返してしまうことになってしまいすよね。
過去の一つの経験から離れられなくて、ワンパターンな考えに陥っていませんか?




そもそも忙しくて現状から目をそらし、現状に満足しているフリ




30代以上の働く女性は、皆さん忙しいです。毎日過ぎ去るように時間に追われていることが多いと思います。そうすると、どうしても自分の気持ちは後回しで、本当にしたい事や大事な事について考えられていないです。それは何となく・とりあえずの現状でやり過ごし、魂や精神が眠ったままの状態で、一番大事なことに向き合うこともできず、数年たってしまっていたということになってしまいます。




焦り呼ばれているかのような、目が覚めて我に返る時




今まで何となく・とりあえずの現状でやり過ごせてきたが、ある時我に返りここではないと気づく。
本当の私が我に返り、目が覚めるように愕然とする時がありますよね。
今まで何をしてたんだろう、なんで何年も同じことを繰り返していたんだろうって。
前にも後ろにも進んでいない、いつの間にか横道にそれていた。時代に取り残されていたかのように
目が覚めて我に返る。
焦燥感、渇望、葛藤は心と魂からのサインです。
呼ばれているような、招かれているタイミングを逃さないで。
このタイミングを逃すと、慣れてしまい数年ほど現状が変わらないままとなります。




自分を理解して活かすライフキャリアのアドバイス




周りの人のことは良く見えるけど、自分のことは自分が一番わからないという方は多いです。
とりあえずの現状のまま慣れてしまい、感情にフタをすると、がまんしてしまいます。
感情が麻痺してしまい、ますますわかりにくくなります。
そうすると感性がにごり、直感が鈍ってしまうのです。

どんな人生にしたいのか。何をしたいのか。どんな仕事をするのか。
消去法で考えるのではなく、人生を創り出す、人生をリードするという視点で
セルフコーチングをしていくことで、人生の質が一気にグレードアップします。
転機が来ている方は、自分と深く向き合い、本当にしたいことや価値観、自分軸について
考えておくと、その後の満足度や可能性が広がっていきます。
自分の人生デザインを大きく描き、行動に向けて進めることができます。







質問したい方や、本コース講座に興味がある方は