【大阪】行動ブレーキを解消して目標達成するセルフコーチングの方法


行動できない理由:完璧主義というブレーキ


完璧主義というブレーキ

NLPセルフコーチングのHIROEです。

今日は満月ですね。春に近づいてきていて、変化変容の時期となります。「何か新しく始める」というエネルギーも満ちてきています。

冬場は寒くて外に出るのも、動くのもおっくうになることも多かったと思います。
3月は期末で何かと忙しい方もいらっしゃると思います。来月から新年度が始まるので、別れとはじまりの体験をされる方もいらっしゃいますよね。

色々な出来事が重なり、どれから動いていいか混乱して、どの方向にも進めない。という相談をいただきました。
働く女性は、仕事もプライベートも色々考えることが多いですよね。一つ一つ確認しながらコーチングしていきます。

選択肢があるということで、うれしい悩みではありますが、間違いたくない、正解は何かという強い思いがあります。
どんな感情によって気持ちが乗らないのでしょうか?悲しみなのか、失望のようながっかり感でしょうか?

その人の独特の考え方によって、いいイメージが描けなくなりとても不安と恐れでいっぱいいっぱいになってしまいます。
真面目で完璧主義な方に多いなと感じています。それだと確かに動けないですよね~、と共感していきます。

その方の考え方のパターンを聞いていきながら、望む未来に近づく行動のステップを一緒に組み立てていきます。
進めない、もう嫌だ。という行き詰まりから、こっちに進みたいんだとわかり、身軽になっていけます。気持ちが何よりゆるみます。
望む未来に行けるかもと分かってくると笑顔が出てきます。この時間がとても楽しいですね。

コーチングによって、あなたがどの部分で行動にブレーキをかけているのかが分かります。
気付けると次からは同じパターンはスルーできるので、その分どんどん行動していけます。
複数の完璧主義というブレーキを外していくと、精神的なガチガチの緊張感を手放していけるので、気持ちのラクさと身軽さを感じてもらっています。

完璧主義というブレーキ


こちらも合わせてお読みください


才能発揮のNLPコミュニケーションコーチ HIROE


大阪の梅田、天王寺を拠点とし、「NLP実践心理学と情報デザイン」の知識と経験を活かして、なりたい自分軸をデザインし最大限に表現していくNLPコーチング&コミュニケーションプロデュースをしています。

・CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)
・約1,000人以上のライフキャリアサポート
・某大学でのキャリアカウンセリング
>> 詳しくはプロフィールページへ

ピックアップ

2017年07月07日
志望動機と面接対策

このページのTOPへ