【大阪】行動ブレーキを解消して目標達成するセルフコーチングの方法


変化するということを受け入れること


MEMO

心にゆとりが欲しい、ゆるぎない安心感を感じていたいと思っている人は多いと思います。
心の安定を求めるならば、それこそ「変化するということを受け入れること」、この法則の決意が必要になります。どうしてそう言えるのでしょうか?
自然、宇宙の森羅万象、人、すべてにおいて全く同じ現象が永遠に続くということはありえません。夜があれば朝が来て、雨が降る時もあり晴れの時もあります。
このまま同じ状態がいいというのは、ラクをしているか、固執しているか、他を知らずに衰退しているということです。現状維持でさえ、手入れが必要になるのです。芝生や植木などは定期的に雑草を抜いたり水や肥料を与えるという手入れをします。
歯磨きを毎日するが、定期的に歯石を取りにわざわざ歯医者で手入れしてもらいます。手入れする方がいい状態が長持ちすると知っているからです。一方で、特に手入れはしていなくて虫歯になってから歯医者に行くという人もいるかもしれません。両者は何が違うのでしょうか?
性格でしょうか?環境でしょうか?

それは、「意識の差」だということです。心構えとも言えます。なりたくない状態を知っていて、現状を維持するための行動をしているか、さらに意識の高い人は、なりたい状態になるために、より多くの行動をしているか。そこで差がでてきます。
何もしないでそのまま動かないと水たまりは濁っていくように、何もしないでそのままだと雑草が生え放題になるように、現状より望まない状況になってしまいます。

同じように、私たち人も変化するということを受け入れた方が自然なのです。変化するということに意識を持ち、自分を手入れすると思える行動は何か?さらに良い状態にするためにした方がいい行動は何か?と自分と向き合っていくことです。
このような問いかけを、より楽しく深くスムーズにできるようにNLPコーチングが必要とされています。


こちらも合わせてお読みください

2013年09月21日 お問い合わせ

才能発揮のNLPコミュニケーションコーチ HIROE


大阪の梅田、天王寺を拠点とし、「NLP実践心理学と情報デザイン」の知識と経験を活かして、なりたい自分軸をデザインし最大限に表現していくNLPコーチング&コミュニケーションプロデュースをしています。

・CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)
・約1,000人以上のライフキャリアサポート
・某大学でのキャリアカウンセリング
>> 詳しくはプロフィールページへ

ピックアップ

and 2013年09月19日
体験個別相談
2013年09月19日
ごあいさつ

このページのTOPへ