【大阪】行動ブレーキ解消 NLPセルフコーチングの方法


入るタイミング、すぐ動くを逃す人


表現ブロック、行動ブレーキを解消するNLPコミュニケーションコーチのHIROEです。

清々しく過ごしやすい時季ですね。9月ということで下期に入り、リセット&リスタートの時期を迎えられている方もいらっしゃいます。

ここ最近は、「テーマや方針を修正する、方向転換をする」などの

展開が起こっている方の相談を受けています。

春から夏にかけて色々とがんばっているのに、結果がついてこない。

となると辛いですよね。

チャンスが巡ってきているのに尻込みするのか、

勢いをつけてつかみにいくのか、大きく変わるタイミングでもあります。

この違いはどこにあるのでしょうか?

それは、メンタルブロックやブレーキがあるかどうかの差で現れます。

大縄飛びをしたことはありますか?

大縄が大きく回っていて、順番に飛び込んで入っていきます。

タイミングを合わせて、自ら入っていかないと入るタイミングを逃し続けます。

見ているだけでは、不安や恐ればかりがふくらんでいくのです。

同じように何かをする時や、新しいことをする時は、

不安や恐れがあります。どんな人でも感じているものです。

それでも行動できる人と、避けたり先延ばしにしたりする人の差はなんでしょうか?

ブロックやブレーキがあるかどうかですね。

主に、罪悪感や○○○、○○さといった感情や状態が関係しています。

それらを先にクリアにしていくサポートです。

必要のないものは、解放して手放していきます。

そうすると、自分の中心に戻り、エネルギーが動いていくのです。

そしてどんどん楽しく行動できるのです。

新たに目標設定をするタイミングでもあります。

春や夏にしてきたことを振り返り、必要な修正をし、新たな方向に向けて

進めていく。リスタートしていく流れです。


こちらも合わせてお読みください


才能発揮のNLPコミュニケーションコーチ HIROE


大阪の梅田、天王寺を拠点とし、「NLP実践心理学と情報デザイン」の知識と経験を活かして、なりたい自分軸をデザインし最大限に表現していくNLPコーチング&コミュニケーションプロデュースをしています。

・CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)
・約1,000人以上のライフキャリアデザイン
・某大学でのキャリア相談
>> 詳しくはプロフィールページへ

ピックアップ

2016年10月22日
断捨離、手放し中

このページのTOPへ