【大阪】行動ブレーキを解消して目標達成するセルフコーチングの方法


イチローの名言に学ぶコーチング的とらえ方


MEMO

努力の天才、コツコツと小さな事を積み重ねていくイチローの言葉です。
「自分で無意識にやっていることを、もっと意識をしなければならない」
この素晴らしい考え方が、日々のバッティングフォームチェックにつながっているのです。
コーチングでは、この無意識にしている考え方やクセに焦点を当てていきます。
意識的に質問によってできるのです。質問が変わると出てくる答えも変わるのです。

また、「うまくいった事からは、何も学びがない、うまくいかなかった事からこそ大きな学びがあった。」
これも彼らしい深く納得のいく言葉です。
今、うまくいっていないことがあったとしても、そこに大きな学びはあるのです。

あなたのとらえ方、思考、感情は本当に望んでいる状況を創りだしていますか?
あなたの本質にあった在りたい姿でしょうか?
コーチングの質問によって、うまくあなたの内面を引き出し、あなたの行動変容を起こすお手伝いをしています。


こちらも合わせてお読みください


才能発揮のNLPコミュニケーションコーチ HIROE


大阪の梅田、天王寺を拠点とし、「NLP実践心理学と情報デザイン」の知識と経験を活かして、なりたい自分軸をデザインし最大限に表現していくNLPコーチング&コミュニケーションプロデュースをしています。

・CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)
・約1,000人以上のライフキャリアサポート
・某大学でのキャリアカウンセリング
>> 詳しくはプロフィールページへ

ピックアップ

2013年09月19日
ごあいさつ

このページのTOPへ