【大阪】行動ブレーキを解消して目標達成するセルフコーチングの方法


コーチング事例3:仕事の優先順位と継続的成長について


お客様の声

「仕事の優先順位と継続的成長について」が今回のコーチングテーマでした。編集や取材などのお仕事をされている方で、職業的にすることがたくさんあり、同時進行なども多い中、数字の成果を求められるという中でのコーチングになります。
仕事のタスクに対して、未完了のやらないといけないけどできていないことなどを、質問で丁寧に明確にしていきます。それだけでも「意外とこれだけで済むことだった」や、「意外とする必要がなかった」といったことに気づいてきます。そこから、数字の成果以外のことが見えてきて優先順位がはっきりします。

以下、(匿名さん 大阪府 33歳 男性)の感想です。
—————————————————————————
・仕事にかかわる様々な問題について優先順位が見えたというのが面白かったです。うすうす感じていたことがはっきりと見えました。

・なんとなくこれくらいの目標なら達成できちゃうかなー、
というあたりの目標が設定できたように思いました。

・「リソースの種、インスピレーションキーワード」って面白いですね。—————————————————————————

このような方にコーチングをお勧めします。
・仕事やプライベートの優先順位をはっきりさせたい。
・完了、未完了のタスクを明確にしたい。
・とにかくもやもやした頭を整理したい。


こちらも合わせてお読みください


才能発揮のNLPコミュニケーションコーチ HIROE


大阪の梅田、天王寺を拠点とし、「NLP実践心理学と情報デザイン」の知識と経験を活かして、なりたい自分軸をデザインし最大限に表現していくNLPコーチング&コミュニケーションプロデュースをしています。

・CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)
・約1,000人以上のライフキャリアサポート
・某大学でのキャリアカウンセリング
>> 詳しくはプロフィールページへ

ピックアップ

at 2013年09月21日
お問い合わせ

このページのTOPへ