【大阪】行動ブレーキ解消 NLPセルフコーチングの方法


抵抗感、気づかないフリをいつまで続ける?


表現ブロック、行動ブレーキを解消するNLPコミュニケーションコーチのHIROEです。

何か新しいことをしたい、しようとする時に、

腰が重いな~とか、嫌だな、無理かも~と抵抗感がでてくることが

あるかもしれません。それは潜在意識で感じていることです。

潜在意識の方がパワーは強いので、

潜在意識で思って、感じていることが実現します。

何度も同じパターンでうまくいかないことがあるならば、

それは、メンタルブロックやブレーキがあります。

願望実現のためには、潜在意識の理解がとても重要です。

はやいこと矛盾した想いや、ネガティブなパターンを見つけていきましょう。

気づかないフリをしているブロックを手放していくのです。

よくある一つとして、異様な怒りがわくというのは、自己防衛からです。

自分が責められるのが嫌で、周りに攻撃的になります。

周りを責めるのは悪いので、自分を責める人の方が多いです。

どちらもしんどいですよね。


思い込みはクセのようなもので、

気づかないままだと、そのままの状態がずっと続きます。

場所や人を避けても、このブロックがある限り、

似たようなトラブルが起こります。

それらを先にクリアにしていくサポートです。

必要のないものは、解放して手放していきます。

そうすると、自分の中心に戻り、エネルギーが動いていくのです。

そしてどんどん楽しく行動できるのです。


こちらも合わせてお読みください


才能発揮のNLPコミュニケーションコーチ HIROE


大阪の梅田、天王寺を拠点とし、「NLP実践心理学と情報デザイン」の知識と経験を活かして、なりたい自分軸をデザインし最大限に表現していくNLPコーチング&コミュニケーションプロデュースをしています。

・CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)
・約1,000人以上のライフキャリアデザイン
・某大学でのキャリア相談
>> 詳しくはプロフィールページへ

ピックアップ

2017年07月07日
志望動機と面接対策

このページのTOPへ